The Paper Menagerie and Other Stories / Ken Liu (1)





11冊目。
Ken Liu初の中・短編集”The Paper Menagerie and Other Stories”を読了。表題の”The Paper Menagerie”(『紙の動物園』)はヒューゴー・ネビュラ・世界幻想文学大賞の史上初3冠受賞作である。早川書房から新ハヤカワ・SF・シリーズで出版されている同名の『紙の動物園』は、本書以前に編まれた短編集で、収録作品がかなり違うが確認したところ現在以下のように、ほとんどが翻訳で読める状況のようだ。実力の伴った、いま旬の人気作家と言って良いだろう。



“The Bookmaking Habits of Select Species”『選抜宇宙種族の本づくり習性』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『紙の動物園』、ハヤカワ文庫SF『もののあはれ』(ケン・リュウ短篇傑作集2))

“State Change”『状態変化』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』)

“The Perfect Match”『パーフェクト・マッチ』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』)

“Good Hunting”『良い狩りを』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『紙の動物園』、ハヤカワ文庫SF『もののあはれ』(ケン・リュウ短篇傑作集2))

“The Literomancer”『文字占い師』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『紙の動物園』、ハヤカワ文庫SF『紙の動物園』(ケン・リュウ短篇傑作集1))

“Simulacrum”『シミュラクラ』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』)

“The Regular”『レギュラー』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』)

“The Paper Menagerie” 『紙の動物園』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『紙の動物園』、ハヤカワ文庫SF『紙の動物園』(ケン・リュウ短篇傑作集1))
☆ヒューゴー・ネビュラ・世界幻想文学大賞受賞

“An Advanced Readers’s Picture Book Of Comparative Cognition”『上級読者のための比較認知科学絵本』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』)

“The Waves” 『波』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『紙の動物園』、ハヤカワ文庫SF『もののあはれ』(ケン・リュウ短篇傑作集2))

“Mono No Aware” 『もののあはれ』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『紙の動物園』、ハヤカワ文庫SF『もののあはれ』(ケン・リュウ短篇傑作集2))
☆ヒューゴー賞受賞

“All the Flavors”『万味調和』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』)

“A Brief History Of The Trance-Pacific Tunnel”『太平洋横断海底トンネル小史』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『紙の動物園』、ハヤカワ文庫SF『紙の動物園』(ケン・リュウ短篇傑作集1))

“The Litigation Master and the Monkey King” 『訴訟師と猿の王』
(新ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』)

“The Man Who Ended History: A Documentary”
(未訳)



さて、こうしてリストアップしているのも、告白してしまうと自分の中でささやかな時間稼ぎなのである。そう、Ken Liuの本作を語るにはまだ読後の感情が熟成しきっていない状態なのだ。しかし、読んだからには、何らかの文章でご紹介したい。それにはもう少しだけ時間が必要である。そんな、気持ちになってしまった一冊である。


(つづく)






Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply